>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

夏川草介『神様のカルテ』-QOLと幸せを考える-

本紹介
この記事は約2分で読めます。


今回紹介する本である。

自分でもよく覚えていないのですが、大学の面接対策に、と思ってに読んだ本らしいですよ。

ビブリアに本が残っていたので、事実のようです。

とても人気があったので、読んでみたのは覚えているのですが…。

実はこちら、櫻井翔が主演で映画化もした作品です。

そちらの映画を見たい方は、以下にTSUTAYA DICASのリンク先を貼ってあるので、どうぞご覧くださいね。

無料お試しで30日間ご視聴いただけるようです。

ちなみに、わたしのほうでも調べてみたのですが、有名どころのNetflixやU-NEXT、Hulu、Amazonプライムなどでは配信されていないようでした。

なので、上のTSUTAYA DICASを提案いたしました。

また、映画や小説の他に、漫画で読むことができます。

漫画で読みたい方は、以下にU-NEXTのリンク先を貼ってあるので、どうぞご覧くださいね。

こちらもまた、無料トライアルで31日間は利用できますよ。

では、わたしがこの本を読んだ感想は以下にうつしますね。


主人公の話し方の癖が本当にすごい。

主人公の話し方が鼻について、
何度も読む気が失せそうになったが、
安雲さんの様子を知りたかったので
ついつい最後まで読んでしまった。

苦しみや悲しみを知った分、強く、そして、人に優しくなれるというのは本当なのかもしれないと感じた。

全力を尽くせば、相当負担がかかるが、延命治療は施せる。
しかし、器具をたくさん身につけて、ただ息をするだけでは、
その人らしく生きていることにはならない。

もし、本当に助かる道がなく、死ぬまでずっと呼吸のみするだけなら、本人が望むなら、いっそ治療を止めるのもアリかもしれない。

あくまで本人の幸せを考えながら、共に歩まなければならない。

私も安雲さんのように、周りに癒しを与えたい。

本紹介

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました