>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

リンパ球(T細胞・B細胞)Q.1~19

この記事は約4分で読めます。

一次リンパ器官で分化・成熟する過程で獲得する。

死滅する。
一部は記憶細胞として何年も体内に存在し続ける。

細胞性免疫。
そして、別の種類のT細胞になって異常な細胞を攻撃する。

胸腺

①リンパ系幹細胞が骨髄→血液→胸腺の順に移動
②胸腺の影響を受けて分化
③胸腺の中で特異性を得る
④胸腺→血液→二次リンパ器官の順に移動し、二次リンパ器官に分布する

抗原認識受容体として、T細胞受容体 T cell receptor(TCR)を持つ。

通常はα鎖とβ鎖の2本のポリペプチド鎖からなる。

皮膚や腸管などの粘膜に多く分布する。

CD4もCD8を持たない。

細胞に障害をきたす様々なストレスを感知し、迅速に生体防御反応を誘導すること。

TCRの先端部分が可変部であるが、その可変部は細胞ごとにアミノ酸の配列が異なるから。

Fabフラグメント

認識すると、サイトカインに刺激されたり、サイトカインを産生したりしながら分化・増殖し、エフェクター細胞となる。

免疫系において最終的に機能を発揮する細胞のこと。
例えば、ヘルパーT細胞やキラーT細胞などのこと。

ヘルパーT細胞(Th細胞)

対応する抗原と出会うと刺激されて分化・増殖し、そのクローン(同じ細胞のコピー)が増えることによって対処している。

Th1細胞,Th2細胞,Th17細胞の3種類


・Th2の機能の抑制
・IFN-γの産生によって、マクロファージを活性化
・IL-2の産生によって、キラーT細胞を活性化
・細胞免疫の誘導

・Th1の機能抑制
・IL-4などの産生によって、B細胞を活性化し、抗体産生を促進
・液性免疫の誘導

>> 抗原関係Q.20~31


感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました