>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

腫瘍免疫[10問]

この記事は約3分で読めます。

生体内で自分の細胞から発生するがん細胞などの腫瘍細胞を「非自己」と認識して作用するはたらきのこと。

腫瘍細胞に変化するに伴い、細胞表面に正常細胞には見られない腫瘍特異抗原(がん特異抗原)が現れ、これが「非自己」として認識される。

「非自己」の出現を常に監視し、出現時には細胞性免疫によってそれを排除して腫瘍の発生を防ぐはたらきのこと。

カポジ肉腫などの腫瘍が発生しやすくなる。

免疫の過度な強化によってアレルギー疾患とならないように機能する免疫反応の抑制機構の仕組みを利用して逃れている。

T細胞上に免疫チェックポイント分子がある。

T細胞上の免疫チェックポイント分子であるPD-1が、肺がんなどの腫瘍細胞に発現したPD-L1という分子と結合することによって、T細胞活性化を抑制して回避する。

腫瘍細胞が免疫チェックポイント分子に結合しないようにすれば、という考え。

T細胞上のPD-1に結合して、PD-L1との結合を阻害することにより、抑制機構をブロックしてT細胞の活性化を維持して回復させる。

抗PD-1抗体としてのニボルマブ(オプジーボ)などの免疫チェックポイント阻害薬。

NK細胞やマクロファージ、Tc細胞など。

感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました