>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

予防接種Q.1~19

この記事は約4分で読めます。

病原体の抗原を人為的に接種することによって免疫を誘導し、感染を予防すること。

個体自らが獲得した免疫のこと。

免疫を獲得している個体の液性免疫・細胞性免疫を、他の個体へ移入することによって得た免疫のこと。

治療・予防のための免疫血清や免疫グロブリン製剤の投与、母親から胎児へのIgGの移動(移行抗体)など。

動物やヒトの抗体を投与して病原体や毒素の作用を中和し、感染症などを治療・予防する方法。
受動免疫であるため、その持続は短いが、効果がすぐに現れる。

Ⅲ型アレルギー

ヒトの血液から得た免疫グロブリンが用いられるようになったから。

重症感染症の治療や免疫不全者における感染症の予防・治療など。

予防接種に使用する抗原を含んだ製剤のこと。
ワクチンを繰り返し接種して追加免疫(ブースター)を行ったりする。

・個人予防:感染症発症・重症化予防
・集団予防:流行防止、予防接種を受けられない人を守る

1948年(昭和23年)

・伝染のおそれがある疾病の発生と蔓延の予防によって、国民の健康の保持に寄与すること。そのために、公衆衛生の見地から予防接種の実施やその他に必要な措置をする。
・予防接種による健康被害の迅速な救済を図る

疾病に対して免疫の効果を得させるため、ワクチンを人体に注射または接種すること。

勧奨接種

決まった年齢になったときに受けるもの(標準接種時期)で、接種回数が決められているもの。

市町村長。

市町村

ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ・結核・麻疹・風疹・水痘・日本脳炎・インフルエンザ菌b型感染症・小児の肺炎球菌感染症・ヒトパピローマウイルス[HPV]感染症

集団予防、重篤な疾病の予防

>> 予防接種Q.20~38

>> 予防接種Q39~47


感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました