>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

予防接種Q.20~38

この記事は約4分で読めます。

乳幼児から中学生

ある。

HPVワクチンは、接種部位以外の体の広い範囲で持続する疼痛の副反応症例等について十分に情報提供できない状況にあるため、接種希望者の接種機会は確保しつつ、適切な情報提供ができるまでの間は積極的な接種勧奨が一時的に差し控えられている。

個人予防

・インフルエンザ
・高齢者の肺炎球菌感染症

ない

ない

2種類
(インフルエンザ・肺炎球菌感染症)

BCG

希望者

原則は個人(自己負担)

定期予防接種以外の予防接種を任意予防接種という。

季節性インフルエンザ・流行性耳下腺炎・ロタウイルス感染症・B型肝炎・A型肝炎・狂犬病・黄熱

海外渡航の際に、渡航先によって接種すること。

任意予防接種

予防接種法

A類疾病およびB類疾病のうち、厚生労働大臣が定めるものの蔓延予防上、必要に迫られていると認めた時。

都道府県または市町村

1962(昭和37)〜1979(昭和53)年度生まれの男性。
この世代の男性は、抗体の保有率が低いため、自分が風疹に罹り、家族や周囲の人に広げてしまう恐れがある。

>> 予防接種Q.1~19

>> 予防接種Q39~47


感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました