>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

医療行為と感染[4問]

この記事は約1分で読めます。

・中心静脈カテーテルの挿入・留置
・尿道カテーテルの挿入・留置
・気管挿管・切開による人工呼吸器の装着
・手術

微生物の侵入を阻止する皮膚や粘膜のバリア機能が障害され、医療従事者の手指や器具を介して、外界の微生物による感染を受ける。

易感染状態にある患者が、自分自身が保有している常在微生物に感染すること。

・清潔な手指で、適切に滅菌・消毒された器具・器材を用い、確実な無菌操作のもとで医療行為を実施すること
・処置後の感染予防管理を徹底すること

感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました