>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

ウイルス性かぜ症候群Q20~38

この記事は約4分で読めます。

パリビズマブ(抗RSウイルスヒト化モノクローナル抗体)。
これは、RSウイルス粒子表面にあるタンパク質を特異的に結合させる抗体である。

5日程度(2〜8日)

YES

急性声門下喉頭炎という上下気道の急性炎症

飛沫感染

3歳くらいまで

・(吸気性)喘鳴:「ヒューヒュー」と狭い気道を通るような音が聞かれた後、肩呼吸や陥没呼吸をする。(陥没呼吸により、夜間に目を覚ますこともあるという)
・声門下が腫脤し、声が出にくくなる。

呼吸管理
(大泣きすると悪化する可能性が高い)

ない

咽頭炎や肺炎、角膜炎、結膜炎、下痢症、出血性膀胱炎など

決まっている

患者の粘膜上皮からの飛沫や接触。
(感染力が強く、家族内感染や集団感染、医療関連感染の原因となる)

咽頭結膜熱(プール熱)、流行性角結膜炎

発熱(38〜40℃)、咽頭炎、結膜炎など

かつては夏にプールを介して流行することがあったため。
現在は塩素濃度管理の徹底等によりプール水での感染はまれと考えられている。

結膜充血と浮腫、眼脂が出るが、咽頭結膜熱のような高熱ではなく、咽頭の発赤も強くない。

YES

汚染している手指や眼科診療器具・点眼液などを介して感染する。

ある


感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました