>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

ヒトTリンパ球向性ウイルス1(HTLV-1)看護[9問]

この記事は約2分で読めます。

・自身の母親由来
・夫由来
・過去に性行為した男性由来
・過去の輸血由来
・もらい乳
など

母乳を遮断する必要があり、原則として、完全人工栄養を母にすすめる。


約3%

短期母乳栄養(90日未満)や凍結母乳栄養という選択肢があること。
その際、これらの選択肢は母子感染予防効果のエビデンスが確立されていないことを説明する。

・短期間ではあるが、母乳栄養の利点を付与する
・直接授乳が可能

・母子感染予防のエビデンスが不十分
・母子栄養が長期化してしまうと感染のリスクが高くなる可能性がある
・十分な指導が必要

ある程度母乳栄養の利点を付与できる

・母子感染予防のエビデンスが不十分
・煩雑
・母乳パックの購入が必要
・直接授乳ができない
・最近の冷凍庫は使用できないことがある

望ましい。

感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました