>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

滅菌・消毒Q20~29

この記事は約2分で読めます。

細菌学的検査で使用する白金線や白金耳をガスバーナーの火炎で滅菌する方法。
(最も確実な滅菌)

・抗菌薬フィルターを用いて実験室内の空気を清浄に保つ。また、除菌した後に排気できる。
・病室にHEPAフィルターをつけて空気を清浄化(陽圧:手術室、陰圧:結核病棟など)

微生物を含めて生物がヒトの健康や生命に危害を及ぼすこと。

生物危害に対して職業上の安全を守ること。

患者由来の以下のものは感染源として扱うこと。
・血液
・体液
・排泄物(便・尿・喀痰・唾液・創部の排膿液・精液・膣分泌液など。ただし、汗は除く)
・損傷のある皮膚
・粘膜

有用

微生物の発育を持続的に抑制し、最終的に死滅させること。

物体表面に病原微生物が付着していない状態のこと。

病原微生物が物体表面に付着していること。

汚染
(不潔ではない)

<< 滅菌・消毒Q1~19


感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました