>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

医療関連資格法Q1~19

この記事は約4分で読めます。

応召義務、証明文書に関する義務、無診療治療の禁止、処方箋の交付義務、保健指導の義務、診療録に関する義務、業務上の秘密を守る義務

医師は患者を診断、薬を処方することを職能とし、薬剤師 は処方箋に基づいて調剤や投薬をすることを職能とすること。

2年以上

1年以上

業務独占かつ名称独占

業務独占かつ名称独占

調剤の求めに応ずる義務、調剤の場所、処方箋による調剤、薬剤の用法などの表示、情報の提供、使用状況把握・服薬指導義務、処方箋に関する義務、業務上の秘密を守る義務

名称独占かつ業務独占

放射線を人体に対して照射することは診療の補助ではないため、
看護師は行うことはできない。

・医師・歯科医師の指示がなく照射業務を行ってはならない
・照射録の作成をする

・磁気共鳴画像診断装置その他の装置を用いた検査
・放射線照射に関連する行為

名称独占

医師・歯科医師の指示のもと、
・採血・検体採取
・生理学的検査

身体に障害がある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復をはかるため、治療体操その他の運動を行わせ、電気刺激・マッサージ・温熱その他の物理的手段を加えること。

身体または精神に障害がある者に対し、主としてその応用的動作能力または 社会的適応能力の回復をはかるため、手芸・工作その他の作業を行わせること。

名称独占

名称独占

名称独占

嚥下訓練、人工内耳の調整、検査、耳型の採型、補聴器装用訓練

>> 医療関連資格法Q20~34


福祉政策系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました