>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

社会福祉法Q1~19

この記事は約4分で読めます。

・ 生活保護法
・児童福祉法
・母子及び寡婦福祉法
・老人福祉法
・身体障害者福祉法
・知的障害者福祉法

福祉六法に定める援護、育成又は更生の措置に関する事務を司る第一線の社会福祉行政機関。

都道府県及び市(特別区を含む)は設置が義務付けられ、町村は任意で設置することができる。

福祉事務所において、生活保護法など福祉諸法に定める援護・育成・更生の措置に関する事務を置くことを職務とする。

社会福祉事業を実施するための公益性の高い法人

不特定多数の者の利益の増進に寄与すること

社会福祉関係者の集まりで、福祉サービスや相談など民間社会福祉活動の推進を目的とした社会福祉法人

都道府県の区域を単位と、毎年1回、厚生労働大臣の定める期間内に限ってあまねく行う寄附金の募集であって、その寄附金を社会福祉を目的とする事業を経営する者に配分することを目的とするなど

憲法第25条第1項の理念に基づき、国が生活に困窮するすべての国民に対して、健康で文化的な最低限度の生活を保障し、その自立を助長すること

生活に困窮する者が資産・能力その他あらゆるものを活用してもなお最低限度の生活を維持することができない場合に、本人・扶養義務者または同居の親族などの申請に基づき、世帯単位で行われる

厚生労働大臣が定め、毎年見直される。

基準は、要保護者の年齢、性別、世帯構成、地域などに応じた最低限度の生活を満たすのに十分かつこれを超えないもの

都道府県知事・市長・福祉事務所を設置する町村長。
(実務は社会福祉主事が行い、民生委員が協力する)

生活扶助、教育扶助、住宅扶助、医療扶助、介護扶助、出産扶助、生業扶助、葬祭扶助

救護施設、更生施設、医療保護施設、授産施設、宿所提供施設

身体上又は精神上著しい障害があるために日常生活を営むことが困難な要保護者を入所させて、生活扶助を行うことを目的とする施設

身体上又は精神上の理由により養護及び生活指導を必要とする要保護者を入所させて、生活扶助を行うことを目的とする施設

医療を必要とする要保護者に対して、医療の給付を行うことを目的とする施設

身体上若しくは精神上の理由又は世帯の事情により就業能力の限られている要保護者に対して、就労又は技能の修得のために必要な機会及び便宜を与えて、その自立を助長することを目的とする施設


福祉政策系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました