>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

臨床化学検査②(肝機能検査)Q20~31

この記事は約2分で読めます。

総ビリルビンと直接ビリルビンの差

ビリルビンの産生増加やビリルビンの排泄の障害が起こるとき。

黄疸

アルカリ性ホスファターゼ

腎の近位尿細管、小腸粘膜、骨、胎盤などに比較的多く存在している。

各臓器障害

γ-グルタミルトランスペプチダーゼ

アミノ酸やペプチドなどの代謝に関わる酵素。

腎>膵>肝
(血清や尿、血球にも存在する)

肝、胆道、膵

胆汁の排泄障害がある時

ある。

<< 臨床化学検査②(肝機能検査)Q1~19


病態系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました