>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

臨床化学検査③(その他)Q20~31

この記事は約3分で読めます。

CRP、 赤沈(ESR)

感染症、組織障害、腫瘍などに伴って起きる炎症 対する、その存在と程度、治療効果の判定など

・病態変動(病態の変化による変動、医療処置による変動)
・生理的変動(個体間変動、個体内変動)
・検体採取(採取条件、検体の取り扱い)

• 手術
• 輸血
• 輸液
• 透析
• 麻酔
• 薬物投与,造影剤 • 全身マッサージ

性別、年齢、血液型、遺伝、人種など避けるこ とのできない生理的因子や、生活習慣、職業・ 住居環境、嗜好など

日内リズム、運動、体位、ストレス、食事・ 嗜好、妊娠など

・輸液・輸血時には、輸液と反対側の腕、あるいは、輸液ルートと間隔の開いた中枢から採取する。
・カテーテルからの採取は避ける。

成分が混入し、誤った検査値となるから。

駆血帯で5分を越えて駆血しない。

血管から間質へ水分や低分子物質が移動するから。


筋肉を頻回に収縮させることでカリウム値が上昇する。

検体取り違え(他人の検査値に入れ替わる) により誤った検査値となるから。

<< 臨床化学検査③(その他)Q1~19


病態系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました