>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

腫瘍②[6問]

この記事は約2分で読めます。

がん細胞のみに存在する遺伝子ではなく、正常細胞の細胞増殖にかかわ る増殖因子受容体や転写因子などの基本的な遺伝子をいう

ある

・癌抑制遺伝子であるRB遺伝子の組換えや欠失による遺伝子変異と、
・その機能喪失により発症する

・癌抑制遺伝子であるWT1遺伝子が発症原因であり、
・後腎芽細胞が糸球体や尿細管に分化する過程で腫瘍化すると考えられる

YES

分子標的薬の効果や 副作用を投薬前に予 測するための検査
(患者個人の反応性を 検査し、個別化医療を 可能にする)

病態系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました