>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

上部消化器官疾患Q.20~30

この記事は約3分で読めます。

黒色便、貧血による易疲労感、同期、息切れなど

・肝転移
・肺転移

・左鎖骨上窩リンパ節転移[Virchow(ウィルヒョウ)転移]
・卵巣転移[Krukenberg(クルッケンベルグ)腫瘍]

・腹膜播種、癌性腹膜炎(腹水貯留)
・女性:ダグラス窩転移[Schnitzler(シュニッツラー)転移]
・男性:直腸膀胱窩転移

胃の貯留能の低下により、食物が急速に小腸に流入するために起こる。

胃容量の減少により、胃もたれ感や早期に腹部膨満感が生じる

胃酸分泌量の減少と十二指腸液の胃内逆流が、発癌に促進的に働くもの。

胃空腸吻合後に残存した十二指腸の癒着や屈曲により、腹痛や嘔吐をきたす

術後逆流性食道炎、ダンピング症候群、小胃症状、残胃癌、下痢・便秘、輸入脚症候群、吻合部潰瘍、貧血、骨障害、胆嚢炎、胃切除後胆石症

迷走神経切離により胆嚢の収縮力が低下し、逆行性感染が起こりやすくなる

胆嚢の収縮力低下や、長期間の絶食により胆汁がうっ滞することにより起こる


病態系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました