>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

下部消化器疾患Q.39~53

この記事は約3分で読めます。

便の性状変化(血便、便柱狭小化)や通過障害(便秘)が起こりやすいから

イレウス(腸管の閉塞)

・隣接臓器・周囲組織に浸潤(膀胱浸潤など)
・腹膜播種(腹水貯留)
・腹腔リンパ節転移(リンパ行性転移)
・遠隔転移(血行性転移)

ポリペクトミー、EMR、ESD

外科治療

外科治療と術後化学療法

化学療法、放射線療法、緩和手術

種々の原因により腸管内容の肛門への通過が障害された状態

単純性(閉塞性)イレウス

複雑性(絞扼性)イレウス

単純性(閉塞性)イレウス

複雑性イレウス

腹痛、腹部膨満、嘔吐、排ガス・排便の停止

腸雑音亢進(金属音)、鼓音

腸雑音低下、強度の圧痛、腹膜刺激症状


病態系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました