>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

イラストを上手に描く3つのコツ

日記
この記事は約3分で読めます。

私がイラストを描くようになったのは11月末からだ。

イラストは初心者で、手探りの状態で絵を描いている。

まだ3ヶ月の経験しかないが、その中でも学べたことがあるので、ここで共有したいと思う。

次の画像を見てほしい。

女性は、私がまだ初心者だった11月末に描いたもので、

男性は、たくさん練習を重ねたうえで1月中旬に描いたものだ。

これを見れば何がイラストのうまさを変えているのか、わかってもらえるだろう。

陰影をはっきりつける

まずは、陰影の有無による印象の違いが大きいのではないだろうか。

光と影、明暗をはっきりとつけると立体感が生まれるだけでなく、画像を拡大しなくても見るものの目に訴えかけるようになる。

影をつける際は、光源の位置をはっきりさせないといけないらしいが、私はそれの付け方がよくわからない。

それでも、見れる絵になっている。

なんとなくでもいいから、とりあえず影をつけてみよう。

服をかく前に裸体をかく

順番が逆になるが、私は服を描く前に、まずは上半身の裸体を描いた。

それが下の画像だ。

このように、人体の解剖図を踏まえたうえで服を着せると、服を着せてもリアルに描くことができる。

シワの付け方や影の付け方も、この裸体を参考にすればいいからだ。

つまり、リアルに服を描くには、人体の比率を把握する必要があるということだ。

ここにデッサンが活きて来るのかもしれない。

傾きを変えてみる

下の画像を見てみもらうとわかるが、実は男の子の絵を描くにあたって、私はインスタグラムで下の「sessh.rin_」という方の投稿を参考にしている。

まずは、上の画像を模写して出来上がったのがこちらだ。

そして、身体のあらゆる部位の傾きを変えてできたのがこちらだ。

何が変わったかわかっただろうか。

主に

・肩の角度が上がった

・右腕の下の横腹がさらに斜めった

・顔の向かって右側のとんがりが丸くなった

・左肩が角ばった

などといったことだ。

ガリガリで弱そうだったのだが、角度を変えて男らしくなった。

下の画像はスワイプできるようになっているので、以上4点を確認してみると良いだろう。

もし、この男の子のイラストのメイキングの詳細を知りたいなら、私のインスタグラム(@ekakitai1126)のストーリーハイライト(@ekakitai1126)にしてあるのでご覧になると良い。

まとめ

私が、この2ヶ月強で学んだことは、

・陰影をしっかりつけて立体感を出すと、人の目を惹きつけられる

・人体の構造を知ることで、イラストがリアルに近づく

・わずかな角度の傾きが印象を大きく変える

ことだ。

デッサンを学ぶことの必要性を知れてよかったと思う。

日記

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました