>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

常在細菌について[10問]

この記事は約2分で読めます。

病原性がある黄色ブドウ球菌の皮膚への定着の妨害

プロピオン酸を産生して皮膚表面を産生に保つ。

皮膚の皮脂腺や毛根

デーデルライン桿菌

膣は、肛門に近いこともあり、腸内細菌の感染を受けやすい。

グリコーゲンから乳酸をつくって膣内を酸性にし、病原菌から膣を守っている。

する。

およそ1,000種類100兆個

乳酸や酢酸を作り、腸内を酸性にしたり、ビタミンを合成したりする。

感染の原因になることがあったり、がんや生活習慣病の発症と関連する可能性があったりすること。

感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました