>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

補体[18問]

この記事は約4分で読めます。

主に肝臓で産生されるタンパク質群のこと。

C1(補体第1成分)からC9までの9つ。

C3(補体第3成分)

古典経路、レクチン経路、副経路(別経路)

古典経路は、異物に対する抗体が存在する場合の活性経路。

抗原抗体複合物(異物と結合したIgMまたはIgGのFc部分)にC1が結合して活性化が始まる。

C4→C2→C3

C1、C4、C2の活性化を介さず、直接C3が活性化される。

菌体表面の糖鎖とレクチン(タンパク質)が結合してC4から活性化が開始されること。
例えば、マンノースなどの糖鎖にマンノース結合レクチンなどのレクチンが結合してC4から活性化する。

古典経路。
その次に副経路が見つかった。

共通である。

C3b

マスト細胞を刺激してヒスタミンを放出(脱顆粒)させ、血管透過性を高めることによって、食細胞が血管内から組織へ移動するのを促進すること。

炎症部位に好中球などの食細胞を引き寄せ(走化)、炎症を活発にする機能。

C6〜C9を動員して、ウイルスや細菌などの細胞膜に膜傷害性複合体(MAC)を形成し、膜成分に穴を開け、破壊する機能。
※箇条書きにすれば、
・C6からC9の動員と結合
・異物の細胞膜に膜傷害性複合体(MAC)を形成
・膜成分に穴を開ける
→異物の細胞膜の破壊

C3α、C5α

C5b

食細胞が(表面にC3bが結合している細菌を)貪食しやすくなる作用のこと。

感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました