>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

細胞性免疫(細胞成分主体のT細胞)[5問]

この記事は約1分で読めます。

腫瘍免疫や移植免疫など

細胞成分主体で、Th1細胞による免疫応答とTc細胞による細胞傷害とが中心となる免疫。

マクロファージとTc細胞

細胞内寄生体。
活性化したことにより、殺菌作用などが強化されるから。

細胞膜に穴を開ける分子や酵素の放出による標的細胞の破壊。

感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました