>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

Ⅰ型アレルギー[8問]

この記事は約2分で読めます。

(主に抗体が関与してくるB細胞の)液性免疫によって、数分から数時間かけて起こる即時型アレルギー。

粘膜から侵入したアレルゲンの初回刺激によって産生したIgEが、皮膚・粘膜のマスト細胞や血中の好塩基球の表面にあるFc受容体に結合すること。

卵・小麦などの食物や花粉、ハウスダストなど。

細胞からヒスタミンやロイコトリエンなど様々な化学伝達物質が放出される。いわゆる脱顆粒が起こり、ヒスタミンなどが遊離する。

・花粉症やアレルギー性気管支喘息などの局所的なものと、アナフィラキシーショックなどの全身性なものとがある。

蕁麻疹などの皮膚症状、呼吸困難、嘔吐、腹痛など。

ハチ毒、抗菌薬や造影剤などの薬剤、ラテックスなどの化学物質、食物など。

IgEが介在するⅠ型アレルギーのことで、全てのアトピーはⅠ型アレルギーである。

感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました