>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

Ⅱ型アレルギー(細胞傷害型アレルギー)[4問]

この記事は約1分で読めます。

(主に抗体が関与してくるB細胞の)液性免疫によって、数分から数時間かけて起こる即時型アレルギー。

赤血球や白血球などの血液細胞が標的となる細胞傷害反応である。

・アレルゲン(細胞の抗原や細胞に結合したハプテン)と抗体(IgMまたはIgG)と補体が結合して補体活性化による細胞溶解反応を起こし、細胞傷害を起こす。
・NK細胞による抗体依存性細胞傷害(ADCC)での細胞破壊

・不適合輸血や薬剤による溶血性貧血
・顆粒球減少症
など

感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました