>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

Ⅳ型アレルギー[11問]

この記事は約3分で読めます。

キラーT細胞や活性化マクロファージが関与する細胞性免疫によって、1〜3日ほどで起こる遅延型アレルギー。

アレルゲンが入ってから24~72時間

しない

1. アレルゲンの刺激でT細胞が分化・増殖
2. T細胞がサイトカイン産生される
3. サイトカインにより活性化されたマクロファージやTc細胞による細胞傷害作用が生じる
→紅斑・腫脤・硬結などが見られるようになる。

潰瘍や壊死になる。

薬品や金属などによるアレルギー性接触性皮膚炎など

24~48時間後に発赤・腫脤・硬結などの反応が現れることを判定する反応

Ⅳ型アレルギー反応

ツベルクリン(結核菌の成分)

結核菌に対する免疫

BCG接種により免疫を獲得したり、結核菌に感染した場合

感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました