>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

アレルギー疾患の病因と治療[8問]

この記事は約2分で読めます。

遺伝的要因。
アレルギー疾患の家族歴は子どものアレルギー疾患発症のリスク因子であることが研究結果から示されている。

アレルギー疾患は遺伝的要因のみで発症するわけではない。
なぜなら、アレルギー疾患の発症には環境要因など、様々な要因が関与しているから。

アレルゲンの回避または除去

抗菌薬の早期使用はアレルギー疾患のリスクを高める。

・アレルゲンの回避・除去
・抗ヒスタミン薬や抗炎症薬(ステロイド)などの薬物療法
・減感作療法

アレルギー反応を和らげるのによく使われる。

眠気

アレルゲンへの暴露を回避できない場合および薬物治療が不十分な場合。

感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました