>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

自己免疫[5問]

この記事は約2分で読めます。

何らかの原因で自己寛容が破綻し、自己抗原が異物として認識され、免疫応答が生じること。
これによって引き起こされる疾患を自己免疫疾患と総称する。

自己抗原に対する自己検体が検出される。

もう片方の眼にぶどう膜炎が誘発される。

ウイルスや細菌などが自己の組織と同一の抗原や非常に似ている抗原を持っていること(分子相同性)があり、免疫系が反応するから。

ある。
(薬剤の結合やウイルス感染などが原因)

感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました