>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

細菌学的検査Q1~19

この記事は約4分で読めます。

呼吸器系の感染

消化器系の感染

尿路感染症

中枢神経系の感染

皮膚、皮下、体腔内など

敗血症や心内膜炎など

常在細菌(雑菌)などによる汚染を避け。滅菌した器具を用いて無菌的に採取する。

菌が酸素にさらされる時間をできるだけ短くして菌の死滅を防ぐこと。

滅菌注射器で吸引した後に嫌気的輸送容器(嫌気ポーターなど)に移すか、注射器の針にゴム栓をして酸素に触れるのを避けること。

室温ではなく、冷蔵庫に保存する。

髄液や血液は、もともと無菌であり、また、髄膜炎菌やインフルエンザ菌などは低温で死滅するため。

そうだ

血中濃度が最も低くなる次回投与の直前

正確な病原体がわからなくなるから

・物品の準備や後片付け
・患者が安全に側臥位を取れるように援助すること
・患者の体位固定

寒天培地に白金耳で検体を塗ること

・細菌を目にみえるようになるまで培養したもの。
・1個1個の粒をコロニーといい、細菌が10万個以上になると1つのコロニーが肉眼で見えるようになる。

約20分に1回分裂する。


感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました