>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

尿路感染症と原因微生物[19問]

この記事は約3分で読めます。

YES

頻尿、排尿時痛、尿混濁(悪臭の原因)

膿尿あるいは細菌尿の確認

高熱、要背部痛

膿尿あるいは細菌尿の確認

・単純性尿路感染症
・複雑性尿路感染症

基礎疾患を持たない若い女性

単純性尿路感染症以外の全て。
例えば、男性、高齢者、小児、尿道カテーテル留置、尿路結石患者など。

大腸菌

大腸菌、腸球菌、緑膿菌、腸内細菌科細菌

エンテロコッカス属

グラム陽性球菌。
ヒトの腸管内に常在する。

バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)

グラム陰性桿菌。

シンクなどの湿った環境

YES

バイオフィルム。
バイオフィルムは、微生物が物体の表面に付着・増殖して形成する膜で、これにより、菌体は食菌作用や化学療法薬剤から保護され、治療が難しくなる。

粘着性が高く、カテーテルに定着しやすい。

到達しない。
そのため、抗菌薬が効かなくなる。
速やかにカテーテルを抜去する必要がある。

感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました