>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

VAP[9問]

この記事は約2分で読めます。

呼吸障害・不全に対して、呼吸の補助や代行をする機器

・呼吸性アシドーシスなど、肺のガス交換異常の是正
・低酸素血症や無気肺などの肺容量の増加
・呼吸筋疲労軽減や酸素消費量減少などの呼吸仕事量の軽減
・そのほか、麻酔による鎮静や、自発呼吸がない患者などに使われる

人工呼吸器関連肺炎のこと

上気道は外部から侵入してくる病原体を下気道へ侵入させない機能を備えているが、チューブによって上気道がバイパスされ、病原体が下気道に侵入してくることで起こる。

・上気道の細菌と逆流した胃内容物の誤嚥
・汚染した回路や回路解放に伴う細菌の吸入

・中枢神経疾患
・意識レベル低下
・熱傷
・外傷
・胸腹部手術
・抗菌薬の使用
・経鼻胃管の使用
など

挿管後4日以内の早期の起因菌には、肺炎球菌やインフルエンザ菌などがある。

挿管後5日以降の起因菌には、緑膿菌や薬剤耐性菌などがある。

・手指衛生を確実に実施する
・人工呼吸器回路を定期交換しない
・適切な鎮静・鎮痛を図る
・抜管、人工呼吸器の離脱が可能か、毎日評価する
・人工呼吸中の患者を仰臥位で管理しない
・口腔ケアを行う

感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました