>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

ウイルスの化学療法[6問]

この記事は約2分で読めます。

ウイルスの感染・増殖のステップのどこかのステップを止めるように作用させる。

細胞への吸着→侵入→脱殻→ヌクレオカプシドの素材の複製・合成→ヌクレオカプシドの形成→放出

狭い。
抗ウイルス薬は、特定のウイルスに作用点があるため。

ある。

ウイルスとγグロブリンが結びつくので、感染しない。

B型肝炎暴露後や、水痘流行の病棟での入院患者の発症を抑えるために投与される。

感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました