>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

小児ウイルス感染症/風疹[14問]

この記事は約3分で読めます。

飛沫感染、経胎盤感染・垂直感染

5〜7人

1〜3人

15〜30%

発熱、発疹、リンパ筋腫脤

免疫がない妊婦が初期に罹患し、風疹ウイルスが胎児に感染して、先天性風疹症候群(CRS)となる場合があるから。

先天性心疾患、難聴、白内障。
その他にも、網膜症、肝脾腫、血小板減少、糖尿病、発育遅滞、精神発達遅滞、小眼球などを併発する場合もある。

妊娠12週までの初感染。
(20周をすぎるとほとんどなくなる)

行われている。
(抗体検査と予防接種)

聞く

血清中のIgM抗体の検出や咽頭拭い液におけるPCR法による病原体の遺伝子の検出

成人の発症の場合は対症療法

生ワクチン
(そのため、妊婦は禁忌)

ない

感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました