>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

成人T細胞白血病[18問]

この記事は約4分で読めます。

ヒトTリンパ球向性ウイルス1(HTLV-1)

授乳(母子感染)や輸血(血液感染)、性行為

CD4陽性T細胞(Tリンパ球)

HTLV-1キャリア
(発症すると、遅発性感染)

非常に弱く、日常生活では感染しないと言われている。

抗HTLV-1抗体検査を行い、陽性者の血液を使用しなくなったため。

発症までの潜伏期間が長いため、夫婦間で感染した後に発症したという報告はないという。

・成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL):リンパ球の一種(T細胞)が腫瘍化する白血病・リンパ腫の一種
・HTLV-1関連脊髄症(成人T細胞白血病HAM):歩行障害、排尿障害、足の痺れや痛みを生じる難病。最終的には寝たきりの生活
・HTLV-1関連ぶどう膜炎(HU):眼球内のぶどう膜の炎症

1%(約110万人)

年間1000人以上

発熱、腹痛、下痢、胸水、腹水、咳など。
血液中のカルシウム値が上昇(高カルシウム血症)で、倦怠感、便秘、意識障害等を起こす。

真菌感染症(カンジダ、アスペルギルスなど)、汎発性帯状疱疹、サイトメガロウイルス感染症、ニューモシスチス肺炎、糞線虫症など。
また、ATL細胞の肝臓、消化器、呼吸器、中枢神経系などへの浸潤による多臓器障害もある。

必須

・血清の抗HTLV-1抗体検査
・血液検査(異常リンパ球の増多を主体とした白血球増多、高Ca血症や高LDH血症を判断)
・「CCR4」という抗原がある場合、モガムリズマブという分子標的薬の使用が検討されるので、CCR4抗原を検査する

ない

多剤併用化学療法や同種造血幹細胞移植

ない

HTLV-1を妊婦にスクリーニングし、陽性の場合、母乳を飲ませないようにする。

感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました