>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

インフルエンザ[10問]

この記事は約2分で読めます。

A型、B型、C型

A型とB型。
C型は軽症のため流行にならないため。

インフルエンザA型は10〜40年周期で不連続変異が起こるため、ヒトは免疫がなくパンデミックが起こる。

飛沫感染と接触感染

発熱、咽頭症状(咳嗽、鼻汁)、倦怠感、関節痛、頭痛など。
時にはインフルエンザ脳炎や細菌性肺炎が起こる。

オセルタミブル(内服薬)、ザナミビル(吸入薬)、ラニナビル(吸入薬)、ペラミビル(点滴薬)など。

発症後48時間以内に使用した時。

一回の服用で終了なので負担が少ない。

耐性ウイルスが出やすい点

A型とB型の混合ワクチン。
(不活化ワクチンのため、免疫のない患者に摂取しても感染を起こさない)

感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました