>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

感染に対する標準予防策[10問]

この記事は約2分で読めます。

結核、麻疹、水痘など、空気感染予防策が必要な感染症患者さん

12回以上/時間

ある。
易感染性宿主は、病原体の曝露から防御する必要があるため、防衛環境に入る。

必要ない

・術創を完全に被覆できない
・滲出液が多量で周囲を汚染させる
・創の開放ドレナージを行っている

生体に対する生物学的意味を持つ刺激が減弱した状態。

幻視が圧倒的に多いが、聴覚、触覚、嗅覚においてもありうる。

・視覚や聴覚の低下が多くある
・入院中に普段使用しているメガネや補聴器を使用していなければ、日常と比較して感覚刺激の低下した特殊な状況となること
・窓のない居室や、周囲に医療機器が配置された環境

する

・カレンダーや時計を見える位置に置く
・窓外の景色を見えるようにする
・メガネや補聴器を使用する
・足元灯をつける
・患者が大切にしているものを常に身につけることができるようにする
など

感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました