>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

母子感染Q20~38

この記事は約4分で読めます。

ネコ科の動物を終宿主とする細胞内寄生原虫

ヒト、豚、ヤギ、ネズミ、ニワトリなど、200種類以上の哺乳類や鳥類などの恒温動物

栄養型、シスト、オーシストの3型

シストやオーシストの経口感染。
(加熱不十分な食肉中のシスト、飼い猫のトイレ掃除、園芸、砂場遊びなどによって手に付いたオーシスト、または洗浄不十分な野菜や果物に付着していたオーシストが口に入ることによって感染成立)

・胎児・新生児期より水頭症、脳内石灰化、小頭症、網脈絡膜炎、精神神経・運動障害、肝脾腫などを起こす。
・遅発型としては、成人までに痙攣、網脈絡膜炎、精神神経・運動障害などを起こす。

されていない

ない。

・肉類は十分に加熱して食べること(調理前に数時間冷凍するとより効果が高い)
・生ハムや生サラミなどからも感染することを伝える
・野菜や果物はよく洗うか、きちんと皮を剥いて食べること
・生肉や洗っていない野菜や果物を扱った調理・食事用具、手指は十分な洗剤と温水で洗浄すること
・猫をキッチン、食卓に近づけないこと

・飲料水以外は飲まない
・ガーデニングなどで土を触る際は手袋を着用し、土を触った後は手指を石鹸と温水で洗浄する
・子供にも手指洗浄の重要性を教育する
・砂場にはカバーをかける
・妊娠中は新しい猫を飼わない
・飼い猫はできるだけ部屋飼いにし、食餌はキャットフードを与える
・猫のトイレの砂は妊婦以外のものが毎日交換する

伝染性紅斑(通称リンゴ病)

胎児水腫

蚊によって媒介されるか、性交

ギランバレー症候群

小頭症

ない。

・防蚊対策
・性感染対策
・輸血由来感染対策
の3点

・デング熱
・チクングニア熱

4週間

接触感染


感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました