>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

臨床化学検査①Q39~46

この記事は約2分で読めます。

特異度とは、疾患を持たない人の中で検査が陰性となる割合

検査が陰性であれば疾患を持っていない確率が高いこと。

検査が陽性であれば疾患を持っている確率が高いこと。

・感度を高くするようにカットオフ値を設定すると特異度は低下し、
・逆に特異度を高めるようにカットオフ値を設定すると感度が低下する。

疾患を持つ人が陽性になりやすいこと。

疾患を持たない人が陰性になりやすいこと。

関係しない。
※検査値は、生活環境 (気候、居住地など)、個人の生物学的条件 (年齢、性別など)、生活習慣(食事、運動、 飲酒、喫煙など)、検査の際の条件(体位、時 間など)等の影響により変動する。

Q45のような、検査の結果に変動を与える因子による影響を考慮して評価を行うこと。


病態系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました