>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

炎症Q20~26

この記事は約2分で読めます。

・蜂窩織炎(好中球浸潤や膿性滲出物がびまん性に組織間隙に広がったもの)
・膿瘍(好中球が限局性に浸潤し、変性、壊死に陥ってる状態)
・蓄膿(膿が粘膜や漿膜といった体腔に貯留した状態)


多量の好中球と壊死細胞を含有する

類上皮細胞(活性化したマクロファージ)と多核巨細胞からな る小結節

肉芽腫形成を伴う増殖性慢性炎症

・結核型肉芽腫
・サルコイド型肉芽腫
・リウマチ結節
・異物型肉芽腫

・類上皮細胞により構成
・ラングハンス巨細胞が出現
・肉芽腫の中心部に乾酪壊死を伴う

・患者の抵抗力が著しく低下しているとき、結核菌が血管内に侵入し血行性に散布され、全身性に小さい粟粒大の結核結節を形成
・肺、骨髄、髄膜、肝臓、腎臓などに散布

<< 炎症Q1~19


病態系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました