>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

老化[14問]

この記事は約3分で読めます。

各臓器の機能が加齢とともに低下し、個体の恒常性が維持することが困難になること
(外界からのさまざまなストレスに対する抵抗性が低下する)

ミトコンドリアの酸化的リン酸化が減少し、構造タンパク質、 酵素タンパク質、受容体タンパク質の合成が低下する。

不規則で多型性を示す核、空砲性のミトコンドリアや粗面小胞体、ゴルジ器官のゆがみ、さらに小器官の減少

加齢に伴い、個々の細胞の容積は小さくなり、細胞死によって構成する細胞の数が減少するため、各臓器の容積は減少して委縮する

粥状硬化に伴う動脈の狭窄、動脈瘤、心筋梗塞、心肥大

高血圧に伴う動脈硬化性変化

肺の弾力性低下による、肺気腫に類似した状態

病原体による肺炎、誤嚥性肺炎

・腸上皮化性(ヘリコバクター感染による慢性的な炎症)
・ 胃腺減少による委縮性胃炎

褐色委縮による、タンパク質合成能力や薬物代謝能力の低下

骨粗鬆症 (骨吸収と骨形成のバランスがくずれる)

変形性関節症 (関節軟骨の損傷の蓄積)

・白内障(水晶体のタンパク質変性)
・加齢黄斑変性(網膜の変性による著名な視力低下)

内耳から中枢の障害による高音部の感音障害

病態系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました