>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

精神治療(薬物療法)Q1~19

この記事は約4分で読めます。

No。
疾患だけでなく,疾患によって起こる社会的状況を含めた人間全体に対する治療が必要。

ある。

YES。
原因療法が少なく,対症療法が主体である。
そのため、長期間の服用が必要になる場合が多い。

いや、症状が数値化できないため治療効果の判定は困難だ。

可能

YES

・ドパミン作用によるパーキンソン症状(筋固縮,振戦,アカシジアなど)
・抗コリン作用による血圧低下,便秘,口渇

抗幻覚妄想作用,鎮静作用

統合失調症・躁病など

抗コリン作用が強い。

クロルプロマジン,レボメプロマジンなど

ハロペリドールなど

抗ドパミン作用

抗ドパミン作用,抗コリン作用

高血糖,不眠,肥満など

リスペリドン,オランザピンなど

抗うつ薬,抗潰瘍薬

パーキンソン症状

ベンゾジアゼピン系,非ベンゾジアゼピン系睡眠薬


病態系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました