>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

腫瘍①Q39~57

この記事は約4分で読めます。

遠隔臓器への転移の有無を示し、M0とM1で表現する

TNMの各程度の組み合わせによって、病気Iから病気IVまで4段階に分類する

腫瘍の浸潤が限局しており、転移がなく予後はよい

遠隔臓器への転移をみとめ、予後は悪くなる

臨床医
(手術や病理学的検査をする前に、画像所見などを参考にして)

病理医
(手術ののち病理学的所見が確定した後に)

ある

別の目的で手術された検体、解剖で調べた結果、偶発的にがんが 見つかったがんをいう

転移巣による症状はあるが、どこが原発巣か分からず、のちに手術、解剖により原発巣が明らかとなったがんをいう

一般的に治療によって長期の生存が期待できるがんをいう

消化器系では、浸潤が粘膜下層までに留まっているがん

ない
(消化器系はある)

・原子力爆弾による白血病発症、
・原子力発電所事故による小児の甲状腺がんの増加
・放射線技師の皮膚がんや白血病の発症傾向

放射線の刺激

ある

HPV 16, 18型

・TP53とRB1と親和性が高く細胞増殖を活性化する
・HPVウイルスのみでは不十分で、他の因子が発癌に必要である

・肝炎ウイルス感染により生じる
・慢性化することにより肝硬変症となり、肝細胞癌へと進展する

YES


病態系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました