>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

感染症制御に貢献した人々

この記事は約3分で読めます。

顕微鏡をつくって、微生物を観察したこと。

種痘を開発したこと。

医療関連感染対策で有名である。

パスツールは生物自然発生説を否定した。
また、白鳥の頸型のフラスコが有名で、他にも、狂犬病弱毒生ワクチン、低温殺菌法を発見した。

炭そ菌、コレラ菌、結核菌の発見と、純粋培養法の発見。

破傷風菌の純粋培養法の発見、ペスト菌の発見、また、ジフテリア菌毒素の作用を打ち消す抗毒素の発見。

ウイルスの発見。

梅毒の治療薬の発見。

抗菌薬であるペニシリンの発見。

抗寄生虫薬のアベルメクチン、イベルメクチンの発見。

疥癬を治療する人体への経口薬としても使用できるなった。

毎日軟膏を全身に塗布していた。
その際、軟膏は一度除去して新しいものを塗布しないと効果がなかったため、塗り残しによって回復を遅らせないように注意する必要があった。
また、連日シーツ交換と入浴・全身清拭が必要だった。

感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました