>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

移植関係[15問]

この記事は約4分で読めます。

遺伝的、また免疫学的に同じ個体間の移植で、一卵性双生児同士の移植がこれにあたる。

ヒトからヒトなど、同じ種にある、遺伝学的に異なる他の個体への移植で、ヒトにおける他人への移植がこれにあたる。

ヒトと他の動物など異なった種間の移植。

細胞性免疫

ヒト白血球抗原 human leukocyte antigen(HLA)とは、赤血球を除いて、白血球をはじめ、ほとんどの細胞表面に存在している主要組織適合複合体(MHC)のこと。

移植片と自己のHLAの違い(つまりMHCの違い)によって生じる。
そのため、ドナーとレシピエントが同じである自家移植・同系移植では起こらず、同種移植や異種移植で起こる。

熱傷などの際に自分の正常な皮膚を移植するなど、自分自身の組織などを自分の身体に移植すること。

HLAを可能な限り適合させ、さらに免疫系を抑制して免疫応答を起こりにくくする必要がある。

4分の1の確立で一致する。

完全に一致することは難しい。
そのため、できるだけ差が少ないドナーとレシピエントを組み合わせて移植を行う。

放射線照射や免疫抑制剤の投与など。

感染しやすくなるなどの副作用。
なぜなら、それらには移植片に対する拒絶反応だけでなく、免疫応答のすべてを抑制するから。

通常、レシピエントの免疫系が移植片を排除しようとする宿主対移植片 host versus graft[HVG] 反応。

移植片対宿主 graft versus host(GVH)反応と呼ばれる、逆にドナーのリンパ球がレシピエントのHLAを「非自己」と認識し、免疫反応を起こしてレシピエントを傷害する反応が起こることがある。

発熱、発疹、下痢など。

感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました