>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

免疫寛容[10問]

この記事は約2分で読めます。

特定の抗原に対して免疫応答が起こらない状態。

・免疫寛容の中でも、特に自己の生体成分(自己抗原)に対する免疫寛容のこと。
・中枢性寛容と末梢性寛容がある。

自己のMHC分子と全く反応しないものは選択されず、死滅する。

自己のMHC+自己抗原に強い反応を示すT細胞

自己のMHCを認識し、なおかつそれ以外の自己成分と反応しないT細胞。

抹消性寛容の機構

制御性T細胞(Treg)

抑制性サイトカインであるIL-10などを産生し、Tc細胞を抑制するなどの免疫抑制を行っていると考えられる。

骨髄において、B細胞が文化・成熟する過程。

B細胞の抗体産生には、一般的にT細胞のヘルプが必要であることから、T細胞が自己抗原に寛容となっている場合、その自己抗原に反応するB細胞が存在したとしても、十分な量の抗体を産生することはできない。

感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました