>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

細菌の形態と染色Q.1~19

この記事は約4分で読めます。

丸い球菌か、楕円の桿菌

一部の球菌と大多数の桿菌、らせん菌
(形から3つに大別される)

ブドウ球菌、レンサ球菌、腸球菌など

グラム陽性

ブドウ球菌、レンサ球菌

球形のものばかりではなく、楕円形やそら豆状(淋菌、髄膜炎菌)、ランセット状(肺炎球菌)もある。

ナイセリア属菌である淋菌や髄膜炎菌

細長い棒状。
とはいえ、必ずしも細長い棒状の菌ばかりではない。

大腸菌、緑膿菌、結核菌など

菌の両端が膨れた棍棒状

破傷風菌、炭そ菌など

ジフテリア菌、結核菌など

大腸菌、緑膿菌など

ねじれの程度によって、ビブリオ、スピリルム、スピロヘータなどがある。

平面的にはコンマ(,)またはバナナの形で、立体的には菌の長軸に沿って菌体が半回転ほどねじれている。

コレラ菌や腸炎ビブリオ菌など

カンピロバクターやヘリコバクターなど。

長軸に沿って菌体が1〜数回ねじれてらせん状になったもので、平面的には鳥のかもめのように見える。

スピリルムより長くてらせんの数が多い。


感染系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました