>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

医療安全Q1~19

この記事は約4分で読めます。

違法性阻却事由があるから。

裁量を有し、行為基準に従って社会の幸福に対する責務を果たす人

YES

ある患者に、別の患者用の消毒液を注入してしまったという事故。

診療の過程で生じる本来の意図とは異なる、医学的に好ましくない出来事。
(例えば、有害反応・副作用など)

医療に関わる場所で医療の全過程において発生する人身事故

医療機関または医療従事者に過失がある場合のこと。

医療行為に対して医療関係者にクレームがついた状態

ある事実を認識・予見することができたにもかかわらず、注意を怠って認識・予見しなかった心理状態のこと。

結果の回避が可能だったにもかかわらず、回避するための行為を怠った場合のこと。

・刑事上の責任(刑法):業務上過失致死傷罪に問われる責任
・民事上の責任(民法):損害賠償責任
・行政上の責任(保助看法):行政処分を受ける責任

同じ時間に手術室に向かった2人の患者の手術内容が入れ替わった事故。

・横浜市立大学医学部附属病院事件
・都立広尾病院事件

・医療機関内の安全管理体制の整備
・医薬品・医療機器等に係る安全性の向上
・医療安全に関する教育研修
・医療安全を推進するための環境整備

YES

医療を受ける者の利益の保護及び良質で適切な医療を提供する体制の確保

・院内感染対策
・医薬品に係る安全管理
・医療機器に係る安全管理

医療事故やヒヤリ・ハット事例について報告する体制の整備

・医療事故が起こった際に、医療事故の原因究明・分析に基づく再発防止のために、すべての医療機関に事故調査の実施を義務づけた
・医療事故発生時には速やかに医療事故調査・支援センターに報告

>> 医療安全Q20~32


福祉政策系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました