>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

医療安全Q20~32

この記事は約3分で読めます。

・生理的特性
・認知的特性
・集団的特性

サーカディアンリズム、加齢に伴う低下、疲労による低下

注意の容量の限界(カクテルパーティ効果)、期待聴取

社会的手抜き、集団の圧力、権威勾配

P-mSHELLモデル


患者情報

マネジメント

ソフトウェアー

ハードウェアー

環境

関係者

危険予知トレーニング(KYT)

<< 医療安全Q1~19


福祉政策系

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました