>>解きながら感染・福祉政策・解剖生理を復習しよう!>>

ボディメカニクス[7問]

この記事は約2分で読めます。

人体に重力や抵抗が加えられたとき、筋肉、骨、関節などが関連しあって生じる姿勢や動作の力学的関係のこと。

自分や相手の力と動きをうまく利用し、最小の力で最大の効果を得ること。

重心の影響を広い基底面で受けるのが良い
(安定した前後左右のバランスが取れることが安定した姿勢を保持するために必要なため)

背部の弱い筋に負担がかかり、基底面内の並行維持が困難になること。

上肢過伸展による筋力減少や重心線が作業面の外に出て不安定な動作につながること。

腕や肩に負担がかかり、足底が床につけず不安定であり、視覚も保持しにくいこと。

同じ結果を得るのに力が少なくて済み、運動範囲が増大し、運動速度が増す点。

運動器編

\最新情報をお届けするよ!/

友だち追加

\Follow Me !/
看護学生のまなび@らむ's

コメント

タイトルとURLをコピーしました